kyusokufukidashimark.png

屋根

そよ風屋根2.jpg

嵌合式タテハゼにガラスを乗せた屋根

 給息の家の標準仕様はガルバリウム鋼板の嵌合式タテハゼ葺きとなります。 のように上部には集熱ガラスが乗り、その下部には太陽光発電MAXが乗りますので、外からは屋根の表面がほぼ見えません。

屋根図-06.png

 そのため、外部の劣化も起きづらく、15年以上何もしなくても大丈夫です。

 集熱ガラスや太陽光発電を乗せていなくても多少の色褪せはしますが15年以上もつ素材です。

=色褪せなく半永久的ですが重さがガルバリウムの10倍もあり棟部や漆喰の剥がれや崩れがあります。

コロニアル=10年程の対応年数でそこから少しずつ劣化していきます。10年程で塗装などのメンテナンスを入れなくてはならないのです。

そよ風屋根.jpg

写真提供:環境創機株式会社