空気集熱式ソーラー《そよ風》

 給息の家のメインとなっている《そよ風》とはどのようなシステムか紹介しましょう。

 屋根を二重屋根にしてそこに空気を流し屋根の集熱面であたため、それを室内の基礎に送り全体に循環させて室内温度差を無くし、快適な温度環境を作るシステムです。大切なのは自然(光と風のエネルギー)の力を利用して、冷暖房効率をよくする事です。《そよ風》のシステムは、CO₂を出さず自然に優しく、経済的で家計にも優しいシステムなのです。

そよ風が好き_43_センサー配線.png
図1
そよ風が好き_43_センサー.png
図2
制御画面.jpg

 《そよ風》は5つのセンサーを通して温度管理をし、制御します  図1    図2 。室内モニターやスマホで管理状況の確認、操作 図3 ができます。給息の家では、太陽光発電で出る熱も余す事なく吸収してそれを室内に伝えます 図4 

図3
そよ風が好き_44_TC-8スマホ.png
図4

 《そよ風》は換気システムとしても使えます。  図5 のように夏、冬と換気システムのファンを利用して循環運転や排気や給気が出来るようになります。使い方次第でとても便利なシステムです。

そよ風が好き_59_そよ換気昼.png
図5
そよ風が好き_59_そよ換気夜.png

 この『そよ風』システムを入れればわずかな冷暖房で室内が快適になります。一般的な高断熱の家よりさらに効率が良くなります。

※オプションでフィルター等もあります。もっと詳しく知りたい方は環境創機のホームページ、給息の家のメールにてお伝えする事ができます。

出典:環境創機『《そよ風》が好き。』

《そよ風》についてもっと詳しく知りたい方は